2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

が定休日です。
が臨時休業日です。
※いつでも24時間購入可能です。
※コーヒーの焙煎などに専念したいため、コーヒー販売およびお問合せの確認は、営業日19時にチェックしています。


【モカティー】コーヒーのカートの中身を見る

カートの中に商品はありません

【モカティー】コーヒーのメールマガジン

メールアドレスを入力してください。


 LINE@【モカティー】友だち追加     
LINEの友だち追加から、「ID検索」または「QRコード」で登録してください

Feed

  • RSS
  • ATOM

コーヒーの香りについて

コーヒー

コーヒーを淹れるときに漂う、ふわっとしたコーヒー特有の香りに、心地よさを感じるという方は多いのではないでしょうか?

あのコーヒーの香りは、私たちに安らぎの時間をくれます。

コーヒーの香り

アロマと呼ばれているコーヒーの香りは、ピラジンをはじめとする多くの香り成分で成り立っています。その香り成分には、なんと300種類以上もの物質が含まれているとされています。ただし、コーヒーのアロマは淹れてから、たったの5分ほどで消えてしまいます。香りをじっくり楽しみたいたいときには、ゆっくりと丁寧にコーヒーを淹れてみるのがおすすめです。

日常の中のコーヒー

朝の目覚ましや、集中力を高めたいというときにコーヒーが良いということは広く知られています。そのため、集中したい勉強の時間や仕事のお供に、コーヒーを嗜む方がたくさんいらっしゃるのです。それに加え、コーヒーブレイクや自宅でのくつろぎタイムのお供にも、コーヒーは選ばれています。ふんわりと部屋に漂うコーヒーの香りは、私たちに安らぎを与えてくれ、リラックスした時間を過ごさせてくれるのです。そんな日常のお供にも、コーヒーはおすすめです。朝起きたらコーヒー豆をミルで挽き、ゆっくりと香りを楽しみながら朝の一杯を淹れ、昼間の時間には水筒などの入れ物で持ち歩きながら楽しんでみてはいかがでしょうか。

時間が経過したコーヒー

コーヒーの香りは、コーヒー豆の状態で、焙煎して、数時間から2日ぐらいかけて、増して行きます。これは、焙煎すると香りの邪魔をしている炭酸ガスが、コーヒー豆の中から、放出して、香りがするようになるからです。そして、時間が経つにつれて、コーヒー豆の香りが、徐々に減っていきます。

コーヒー豆の香り濃度

上のグラフを見ての通り、コーヒー豆を粉にした時が、一番香り立つ(約10倍)ことがわかると思います。コーヒーは、飲む直前に、コーヒー豆を挽くと、香り高いコーヒーが楽しめます。コーヒーの粉の香りは、粉にしてから、3時間ほどで、コーヒー豆の状態より、低くなり香りが、失われていきます。
モカティーでは、コーヒーは、粉の状態で買われるより、豆の状態で買うように、お薦めします

   

モカティーは、美味しい焼き立てのコーヒー豆を販売している通販サイトです。世界の農園で大切に育てられた、個性豊かなコーヒー豆を発送当日に丁寧に焙煎し、香り豊かな新鮮な状態で発送いたしております。酸味や苦味がやわらかく、さわやかな風味が特徴の「ブラジルコーヒー」や、ナッツ入りのチョコレートのような香りと、まろやかな甘みとコクが自慢の「メルティーブレンド」など、種類豊富にご用意しておりますので、ぜひご賞味ください。

【モカティー】コーヒーのピックアップ商品

コーヒー豆・コーヒーギフトセットの通販

コーヒー豆コーヒーギフトセット通販をお探しなら【モカティー】へ。焙煎後、その日のうちに発送致します。
ギフトセットに加え、コーヒー家電や雑貨等もご用意しております。ご自宅用はもちろん、プレゼントにも是非ご利用下さい。

コーヒーの精製について コーヒーにおすすめの食べ物
コーヒータイムを更に楽しく コーヒーの保存について コーヒーと健康について
ペーパーフィルターの淹れ方 アイスコーヒーの淹れ方 コーヒーのアレンジレシピ