2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

が定休日です。
が臨時休業日です。
※いつでも24時間購入可能です。
※コーヒーの焙煎などに専念したいため、コーヒー販売およびお問合せの確認は、営業日19時にチェックしています。


【モカティー】コーヒーのカートの中身を見る

カートの中に商品はありません

【モカティー】コーヒーのメールマガジン

メールアドレスを入力してください。


 LINE@【モカティー】友だち追加     
LINEの友だち追加から、「ID検索」または「QRコード」で登録してください

Feed

  • RSS
  • ATOM

コーヒーの精製について

コーヒーの精製方法は、大きく分けて非水洗式と水洗式の二種類にあります。
豆の精製は、主にコーヒー農場などの生産地で行われることが多く、精製を済ませたコーヒー豆のことを生豆と呼びます。カビなどの発生を防ぐために水分含量が10-12%になるよう乾燥して保管され、輸出されます。

水洗式(ウォッシュド)

収穫したコーヒーの実の果皮と果肉を機械で除去した後、水につけて水流でほぼ完全に果肉を除去して、パーチメント(種子のまわりの薄い皮)を残したコーヒー豆を乾燥処理し、パーチメントを脱穀し精選しコーヒー生豆にします。
水洗式では豆がより均質化され、コーヒー本来の持ち味が楽しめます。
ブラジル、エチオピア、イエメン以外の地域ではウォッシュドが主流となっています。

乾燥式(ナチュラル)

収穫したコーヒーの実を丸ごと乾燥させる方式で、コンクリートやレンガなどの広場や、枠組みの上に金網の張り台を作り麻などのマットなどを敷いた上で乾燥させ、機械で脱穀して果肉などを除去し、コーヒーを生豆にします。
非水洗式では熟したコーヒーのみの甘みがコーヒー豆に移り、独特の甘みと香りが楽しめます。
ブラジル、エチオピア、イエメンなどではこの方法が主流です。

コーヒー豆通販のモカティーでは、新鮮な焼き立ての味と香りをお楽しみいただくために、発送する当日にコーヒー生豆を焙煎しております。
こだわりのコーヒー生豆には、その土地の風土や気候、生産者の想いが風味や香りとなって現れます。
生豆焙煎の美味しいコーヒーで、幸せなひとときを彩ってみてはいかがでしょうか。

【モカティー】コーヒーのピックアップ商品

コーヒー豆・コーヒーギフトセットの通販

コーヒー豆コーヒーギフトセット通販をお探しなら【モカティー】へ。焙煎後、その日のうちに発送致します。
ギフトセットに加え、コーヒー家電や雑貨等もご用意しております。ご自宅用はもちろん、プレゼントにも是非ご利用下さい。

コーヒーの精製について コーヒーにおすすめの食べ物
コーヒータイムを更に楽しく コーヒーの保存について コーヒーと健康について
ペーパーフィルターの淹れ方 アイスコーヒーの淹れ方 コーヒーのアレンジレシピ