2017年2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

2017年3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

が定休日です。
が臨時休業日です。
※いつでも24時間購入可能です。
※コーヒーの焙煎などに専念したいため、コーヒー販売およびお問合せの確認は、営業日6時と18時にチェックしています。


【モカティー】コーヒーのカートの中身を見る

カートの中に商品はありません

【モカティー】コーヒーのメールマガジン

メールアドレスを入力してください。


 LINE@【モカティー】友だち追加     
LINEの友だち追加から、「ID検索」または「QRコード」で登録してください

Feed

  • RSS
  • ATOM

コーヒーの伝説

コーヒー発見の伝説はいくつか存在しています。 その中でも、有名な二つの逸話をご紹介します。

アラビア起源説のシーク・オマール伝説

シーク・オマール伝説

疫病が流行していたモカの町で、イスラム教の僧侶シーク・オマールは祈りを捧げて人々の病を癒していました。あるとき、モカ王の娘が疫病にかかり、オマールは祈りで病気を回復させました。しかし、オマールはモカ王の美しい娘に恋をした疑いをかけられ、山に追放されてしまいます。
山をさまよいながら暮らしていたオマールが、食べるものにも困る生活を送っていたある日、美しい羽と声を持つ鳥がオマールの前に現れます。その鳥に誘われるように近づいていったオマールは、赤い実が生った木を見つけ、オマールはその実を摘んでスープを作りました。そのスープを飲むとたちまち爽快な気分になり元気になったのです。
その頃、モカの町では病魔が広まっており、人々は再びオマールへ助けを求めました。
オマールは、赤い実のスープを町へ伝え、ようやく町へ帰ることが許されました。


エチオピア紀元説のカルディ伝説

カルディ伝説

山羊飼いのカルディという少年は、あるとき日夜元気な山羊たちがいることに気がつきました。なぜそんなに元気なのか気になったカルディは、山羊たちが赤い実を口にしているところを目にし、自分もその実を食べてみました。すると、爽快な気分になり、みるみるうちに疲れがとれて元気になったのです。
赤い実を口にすれば、日夜元気になれることを知ったカルディは、そのことを僧侶へ相談し赤い実を僧侶にも渡しました。赤い実を口にした僧侶は、これがあれば夜の祈りの間睡魔に悩まされないと、ほかの僧侶仲間たちと重宝するようになりました。
そうして赤い実は、眠らない魔法の実と呼ばれ、修行のアイテムとして使われたとされています。


この二つの伝説に現れる、赤い実こそがコーヒーの生豆だとされています。
まったく違うシチュエーションと人物にもかかわらず、どことなく似ているところもこの伝説の面白い点ではないでしょうか。

コーヒー豆通販のモカティーでは、新鮮な焼き立ての味と香りをお楽しみいただくために、発送する当日にコーヒー生豆を焙煎しております。
こだわりのコーヒー生豆には、その土地の風土や気候、生産者の想いが風味や香りとなって現れます。
生豆焙煎の美味しいコーヒーで、幸せなひとときを彩ってみてはいかがでしょうか。

コーヒー豆・コーヒーギフトセットの通販

コーヒー豆コーヒーギフトセット通販をお探しなら【モカティー】へ。焙煎後、その日のうちに発送致します。
ギフトセットに加え、コーヒー家電や雑貨等もご用意しております。ご自宅用はもちろん、プレゼントにも是非ご利用下さい。

コーヒーの精製について コーヒーにおすすめの食べ物
コーヒータイムを更に楽しく コーヒーの保存について コーヒーと健康について
ペーパーフィルターの淹れ方 アイスコーヒーの淹れ方 コーヒーのアレンジレシピ